血便・下血は重篤な病気のサイン?!|若葉台駅の消化器科・内視鏡検査|ひらかた消化器内視鏡クリニック

〒206-0824
東京都稲城市若葉台1-55 アクロスプラザ若葉台東
042-331-1131
WEB予約 WEB問診
ヘッダー画像

血便・下血

血便・下血は重篤な病気のサイン?!|若葉台駅の消化器科・内視鏡検査|ひらかた消化器内視鏡クリニック

血便・下血

以下の項目に該当する方は要注意です

  • お尻から血が出る
  • 便に血が付いている
  • 黒い便が出る
  • 便に粘膜のようなものが付着している
  • 排便時に便器の水が赤く染まる
  • 血便と共に便秘や下痢がある
  • 血便と共に嘔吐をすることがある
  • 血便と共にお腹の痛みがある
  • 血便によって貧血を起こすことがある
  • 血便と発熱や全身倦怠感を感じる
  • 残便感がある

    上記に該当する方は、血便・下血の可能性があります。

    血便・下血は、大腸がんや胃がん・胃潰瘍や十二指腸潰瘍・痔といった重篤な消化器疾患の症状である可能性があります。上記の症状に少しでも心当たりのある方は、消化器科がある病院やクリニックを早めに受診しましょう。

    血便・下血で悩む女性

    血便・下血とは

    血便とは、口腔・食道・胃・小腸(十二指腸/空腸/回腸)・大腸(盲腸/結腸/直腸)・肛門から出血した血液が便に付着することをいいます。また下血とは、胃や十二指腸などおしりから遠い場所から出血することで、赤黒い便や黒い便が出ることが特徴です。血便・下血は、大腸がんや胃がん・胃潰瘍や十二指腸潰瘍・痔といった重篤な消化器疾患のサインとも言われています。重篤な疾患であったとしても、早期発見・早期治療を行うことができれば治る可能性があります。些細な症状やお悩みでも当院まで、早めにご相談ください。

    血便・下血の種類

    血便・下血は、様々な重篤な消化器疾患の初期症状であると考えられています。そのため、出血部位によって異なる便の色や便の形状をしています。血便・下血をほおっておくと、重篤な疾患が悪化する場合もあります。心当たりがある方は、お気軽に当院までご相談ください。

    ①鮮血便

    赤い鮮血が付着した便です。新鮮な赤い血が便器やトイレットペーパーについている状態も鮮血便にあたります。鮮血であることから、比較的、肛門に近い部位から出血したことが予想されます。

    ②暗赤色便

    赤黒く変色した血液が付着した便です。肛門から少し遠い、大腸や小腸などから出血した可能性があります。

    ③粘血便

    粘り気のある粘液状の血液が付着した便です。大腸の粘膜から出血した可能性があります。

    ④黒色便(タール便)

    黒い血液が付着した便のことです。便が真っ黒くドロッとしている状態です。肛門から遠い、食道・胃・十二指腸などの上部消化管から出血した可能性があります。

    ➄潜血便

    目では判断が難しい血液が付着した便です。健康診断などで便潜血陽性と判断された方は、潜血便である場合があります。上部消化管から下部消化管にかけて出血している可能性があります。

    血便・下血の原因

    血便・下血の原因は様々な消化器疾患です。ストレスで血便になると言われることがありますが、ストレスが直接的に血便を引き起こすわけではなく、ストレスで過敏性腸症候群・下痢・便秘になることが原因と考えられています。

    血便・下血を伴う消化器疾患

    便の種類

    出血部位

    疾患(一例)

    鮮血便

    肛門の近く

    痔・直腸がん・大腸がん・直腸ポリープ・大腸ポリープ・潰瘍性大腸炎

    暗赤色便

    大腸や小腸

    大腸がん・大腸ポリープ・虚血性腸炎・感染性腸炎・潰瘍性大腸炎・クローン病・大腸憩室出血・小腸潰瘍・メッケル憩室出血

    粘血便

    大腸の粘膜

    炎症性腸疾患(潰瘍性大腸炎やクローン病)・アメーバ腸炎・大腸がん・感染症

    黒色便

    食道・胃・十二指腸などの上部消化管

    食道がん・胃がん・胃潰瘍・十二指腸潰瘍

    潜血便

    上部消化管から下部消化管

    健康診断等で便潜血検査が陽性

    大腸がん・大腸ポリープ・感染性腸炎・クローン病・大腸憩室症・潰瘍性大腸炎・痔など

    血便・下血の検査方法

    血便・下血の方は、胃カメラ検査(上部消化管内視鏡検査)や大腸カメラ検査(下部消化管内視鏡検査)といった内視鏡検査を受けることを推奨しています。

    【胃カメラ検査】

    胃カメラ検査は、口や鼻から先端にカメラが搭載された内視鏡スコープを飲み込み、食道や胃・十二指腸を直接観察する検査です。胃カメラ検査にかかる検査時間は約5-10分程度であり、比較的短時間で消化管内の精密検査を行う事が可能です。胃カメラ検査では直接消化管内を観察するため、胃がん、胃・十二指腸潰瘍、逆流性食道炎をはじめとした様々な消化器系の病気を診断する事が可能であり、必要に応じて組織を採取し病理検査に提出する事が出来ます。当院では、嘔吐反射を引き起こしにくい鼻からの経鼻内視鏡検査と鎮静薬を使用した眠ったまま受けられる胃カメラ検査(経口内視鏡検査)を実施しています。逆流性食道炎でお悩みの方は、当院へお気軽にお問い合わせ下さい。

    【大腸カメラ検査】

    大腸カメラ検査は、肛門から先端にカメラが搭載された内視鏡スコープを差し込み、大腸を直接観察する検査です。大腸カメラ検査にかかる検査時間は約20~30分程度です。大腸がんや大腸ポリープは、定期的な内視鏡検査を行っていれば、早期に発見でき、内視鏡での治療が可能な病気です。つまり、大腸がんは予防できる「癌(がん)」のひとつであると言えます。生活環境の変化などにより、今後も日本では増加していくと考えられているため、一度は受けておきたい検査のひとつです。「大腸内視鏡は痛い、苦しい、辛い、怖い」と思っている方に、ぜひ一度当院の内視鏡を受けて頂き、ここで検査をしてよかったと、安心して帰って頂きたいと思っております。大腸内視鏡検査を定期的にきちんと受けることが、大腸がんの早期発見・早期治療にはとても大切です。

    内視鏡検査_スコープ

    胃内視鏡検査(胃カメラ検査)とは
    大腸内視鏡検査(大腸カメラ検査)とは

    血便・下血の治療方法

    血便・下血の治し方は、出血部位や疾患の種類によって様々です。まず初めに、内視鏡検査などの精密検査を受けて、ご自身の身体の状態を正しく把握することが大切です。

    当院の内視鏡検査の特徴

    ①「日本消化器内視鏡学会専門医による内視鏡検査」
    ②「細いスコープを用いて咽頭反射を抑えた経鼻内視鏡検査」
    ③「鎮静薬を使用した苦痛の少ない経口内視鏡検査」
    ④「眠ったまま受けられる大腸カメラ検査」
    ➄「苦痛を減らすための炭酸ガス送気システム」
    ⑥「日帰り大腸ポリープ切除」
    ➆「富士フィルムの最新内視鏡システムを導入」
    ⑧「感染症に配慮した安心できる内視鏡検査」
    ⑨「リカバリールームの完備」
    ➉「土曜日の内視鏡検査」
    ⑪「駐車場の完備」

    ①「日本消化器内視鏡学会専門医による内視鏡検査」

    日本消化器内視鏡学会専門医による内視鏡検査_平方敦史

    当院では患者様が安心して胃カメラ検査・大腸カメラ検査を受けて頂けるように、日本消化器内視鏡学会専門医・日本消化器外科学会専門医/指導医である院長が内視鏡検査を実施しております。

    ②「細いスコープを用いて咽頭反射を抑えた経鼻内視鏡検査」

    当院では、細いスコープを用いて鼻からの胃カメラ検査を実施しています。鼻から内視鏡スコープを挿入する事で舌の付け根部分に触れる事なく消化管内にスコープが進んでいくので、嘔吐反射を引き起こしにくくなります。喉や身体に不要な力が入りにくくなるため、楽に検査を受けて頂けます。また鼻からのスコープを挿入する事で検査中にお話する事が可能となるので、検査中の安心感が高まります(鼻だけに麻酔をかけるので、検査中は医師や看護師とお話が出来ます)。

    ③「鎮静薬を使用した苦痛の少ない経口内視鏡検査」

    経鼻内視鏡検査_胃カメラ検査

    当院では鎮静薬を使用した「眠ったまま受けられる胃カメラ検査」を提供しています。鎮静薬の使用により眠くなり、喉や身体の力が抜ける事で、検査中の苦痛が軽減されます。検査後は目を覚ますための拮抗薬を使用し、鎮静薬の効果が切れるまでリカバリールームで休憩する事が可能ですので、ご安心してご帰宅できます。

    ④「眠ったまま受けられる大腸カメラ検査」

    大腸カメラ検査を受けられる患者さん皆様が楽に検査を受けて頂けるよう、当院では鎮静薬を使用した「眠ったまま受けられる大腸カメラ検査」をご提供しています。検査後は目を覚ますための拮抗薬を使用し、鎮静薬の効果が切れるまでリカバリールームで休憩する事が出来ますので、ご安心してご帰宅出来ます。鎮静剤を活用してリラックスした状態で大腸カメラ検査を受けて頂く事で、検査時の苦痛が緩和されるだけではなく、大腸カメラ検査の診断レベルの向上にも繋がります。

    ➄「苦痛を減らすための炭酸ガス送気システム」

    大腸は蛇腹状にひだがある管腔であり、見落としを防ぐためには大腸カメラ検査では腸管を拡張させてひだの間までしっかりと観察する必要があります。精度の高い検査を行うためには十分な送気(ガスを入れて膨らます事)が不可欠ですが、同時に検査中や検査後のお腹の張りや痛み、嘔気の原因となります。当院では腸管内での吸収が良い炭酸ガスを使用する事により、検査中や検査後のお腹の張りや痛みなどの苦痛な症状を大幅に解消する事が出来ます。

    ⑥「日帰り大腸ポリープ切除」

    検査中に大腸ポリープを発見した際は必要に応じて、その場で大腸ポリープ切除を行います。一部の大腸ポリープは放置しておくと癌化してしまう事もあります。切除すべき大腸ポリープはその場で切除する事で、再度下剤を飲んで大腸カメラ検査を受ける必要がなくなります。また、大腸ポリープのサイズが大きい、切除後の出血リスクが高い場合は入院での治療が必要となる事もあるため、近くの総合病院へ紹介させて頂く事もあります。

    ➆「富士フィルムの最新内視鏡システムを導入」

    富士フィルムの最新内視鏡システム

    当院の内視鏡検査は、富士フィルムの最新内視鏡システムを活用しております。最新の機器を用いることで、早期胃がん・早期大腸がん・炎症・病変まで発見することが可能です。

    ⑧「感染症に配慮した安心できる内視鏡検査」

    胃カメラ検査・大腸カメラ検査時に使用している処置具は学会が定めているガイドラインに沿った消毒衛生管理を実施していますので、ご安心して検査を受診して頂けます。

    ⑨「リカバリールームの完備」

    当院では、リカバリールームを完備しています。胃カメラ検査・大腸カメラ検査後は目を覚ますための拮抗薬を使用し、鎮静薬の効果が切れるまでリカバリールームで休憩する事が可能ですので、ご安心してご帰宅できます。

    ➉「土曜日の内視鏡検査」

    土曜日の内視鏡検査_カレンダー

    平日に検査を受けるのが難しいという方にも受診をして頂けれるように、土曜日に内視鏡検査を実施しています。東京都稲城市若葉台にある当院までお気軽にご来院ください。

    ⑪「駐車場の完備」

    アクロスプラザ若葉台東にある駐車場

    当院では、アクロスプラザ若葉台東の駐車場を完備しております。内視鏡検査時に鎮静剤をご希望の方は、車・バイク・自転車などを運転することはできませんので、公共交通機関または、ご家族の送迎にてご来院ください。

    血便・下血でお困りの方は当院へ

    当院では、充分なコミュニケーションを取りながら、患者様一人ひとりに合わせた血便・下血の治療をおこなっていきます。また、内視鏡専門医である院長が検査前の診察から胃カメラ検査・大腸カメラ検査、内視鏡検査後の結果説明まで責任をもって全例行います。些細な症状でも血便・下血でお悩みの方は、当院までご相談ください。

    当院について

    ひらかた消化器内視鏡クリニック(内科・消化器内科・肝臓内科・内視鏡)では、「クリニックを身近に感じて頂く様に」を目指しています。病院に対する冷たい、取っつきにくいイメージを変えて、行きやすい、また来てもいいかな、というほのぼのとした雰囲気を作り、患者様に伝わる診療を心がけております。

    また、胃カメラ検査の「つらい、苦しい」イメージや大腸カメラ検査の「痛い、苦しい、辛い、怖い」イメージを無くし、安心して内視鏡検査を受けて頂けるように努めております。

    東京都稲城市若葉台1-55 アクロスプラザ若葉台東 最寄り駅:若葉台駅にあるひらかた消化器内視鏡クリニックまでお気軽にご相談をください。

    WEB予約をご希望の方はこちら【Web予約】
    お電話でのご予約:042-331-1131

    WEB予約をご希望の方はこちら